養蜂

人気 始めやすさ
コスト 熟練性

養蜂の概要

養蜂とは、ハチミツやミツロウをとるためにミツバチを飼育することをいいます。
農家などでは作物を受粉させるためにミツバチを飼育している場合もあります。
自宅の庭やベランダに設置した巣箱で飼育することができますが、愛好家が増加したために、2013年から個人でやる場合でも都道府県の飼育許可が必要になりました。

養蜂の詳細

養蜂に用いられるミツバチには、ニホンミツバチとセイヨウミツバチに分かれています。同じミツバチですが生態が違うため、飼育方法も異なります。
セイヨウミツバチの場合は15万円程度で群れを購入できるのですぐに始めることができますが、ニホンミツバチの場合は野生の群れを捕まえなければなりません。
また、セイヨウミツバチの巣箱は規格化されており市販されていますが、ニホンミツバチは巣箱を自作しなくてはなりません。
しかし、ニホンミツバチは群れを捕まえるため費用がかからず、巣箱も自作で安く作れるので、自分にあったハチを選ぶといいでしょう。

養蜂のはじめ方

ニホンミツバチの場合、捕獲シーズンである春までに巣箱を完成させておく必要があります。自作の巣箱は丸太をくりぬいたものや、箱に巣の入り口を切り抜いたシンプルな形状のものを用意しておきましょう。
そして、春先のまだ寒い時期に巣箱を山に仕掛けミツバチを捕獲し、持ち帰って養蜂を始めます。
セイヨウミツバチ場合、種蜂の他に巣箱や巣礎、給餌器や離蜜器、燻煙器といった様々な養蜂道具がセットになったスターティングセットが市販されているので、これを購入するとすぐに始めることができます。

講座・教室・レッスン


スポンサードリンク

関連趣味

古くから人間のペットとして親しまれてきた動物です。
人によくなつく、けれども自由気ままな愛玩ペット。
花や木々を育て、庭を彩る癒やしの趣味。 大きな庭がなくても、ベランダや窓際でも楽しめます。
カブトムシやクワガタなど、カッコイイフォルムの昆虫は男性の好奇心をくすぐります。
癒やし効果はピカイチ。 ずっと眺めていられる、インテリアにも良いペット。
自分で育って自分で食べる。 食の恵みに感謝できる趣味。
比較的簡単に育てられる品種も多く、毎日が楽しくなること間違い無しです。
ハムスターやうさぎなど、小さくて場所を取らないので飼いやすいペット。