社交ダンス

人気 始めやすさ
コスト 熟練性

社交ダンスの概要

古くはヨーロッパの平民の中で踊られていた社交ダンスが、明治時代の欧米化によって日本に導入されたのが起源と言われています。
中高齢者の富裕層のパーティーダンスが中心でしたが、スポーツとしての社交ダンスを描いた映画「Shall we ダンス?」のヒットをきっかけに、若者から莫大な支持を受け、徐々にメジャーなスポーツとして知られるようになりました。

社交ダンスの詳細

社交ダンスは大きくスタンダード部門、ラテン部門に分かれ、前者は宮廷ダンスを起源としたワルツやタンゴなどが、男女が互いの腕や背中などをホールドした状態で踊られます。
後者はブラジルを起源とするサンバや、キューバを起源とするチャチャチャなどが、軽快で激しいリズムに合わせて、やはり男女で手を取り合って踊られます。
芸能人がテレビ番組で競技ダンスとして社交ダンスを踊ったことなどがきっかけで、パーティーダンスのみならず、スポーツとして楽しむ人々が増え始めています。

社交ダンスのはじめ方

社交ダンスは敷居が高いと思われがちですが、初心者でも気軽に始められる趣味の一つです。
ダンスシューズも最初は特に要りません。ステップを踏めるのであれば、室内用のスニーカーでも構いません。
最初から競技に出たり、スタジオに行くのは腰が引けると言う場合、初心者向けに活動を行っているサークルに参加してみると良いでしょう。簡単なステップからレクチャーが受けられます。
そこでもっと上を目指したくなったら、スタジオに入会し、自分のペースでレッスンを受けていくのが一般的な始め方であるといえます。

講座・教室・レッスン


スポンサードリンク

関連趣味

フロアの上に整列した大勢のダンサーが、キックやステップといった脚の動きなどをそろえて踊るダ...