ホエールウォッチング

人気 始めやすさ
コスト 熟練性

ホエールウォッチングの概要

文字通り、クジラ(ホエール)を見る、会いにいくことです。
クジラは世界で最も大きな動物です。シロナガスクジラの大きい個体になると30メートル以上、体重は200トン以上にもなります。その大きさ故に水族館では飼育できず、生でクジラを見たことがある方は少ないのではないでしょうか。
実は、海に囲まれた島国、日本では北海度から沖縄まで、全国各地の海でクジラを見ることができます。船に乗ってクジラに会えるポイントまで移動するのが一般的ですが、小笠原諸島などでは陸地からクジラを見ることも可能です。
世界最大の動物を間近で感じる。その大迫力の体験がホエールウォッチングの醍醐味です。

ホエールウォッチングの詳細

ホエールウォッチングの魅力は何といってもクジラのダイナミックなパフォーマンスと、壮大な自然を感じれること。自然観察なので子供への教育としても人気があります。
日本では全国各地でホエールウォッチングが可能です。スポットによって会うことができる種類は異なります。
最も大きなシロナガスクジラからザトウクジラ、イルカやシャチ、アザラシなども見ることができます。
イルカは年間を通して会うことができますが、クジラはエリアごとに会える季節が限られています。
ホエールウォッチングは世界でも人気があり、毎年1000万人以上が参加しております。

ホエールウォッチングのはじめ方

船でのツアーに参加するのが一般的です。ホエールウォッチングは日本で10カ所以上のスポットで可能です。
ツアーが多く開催される代表的なエリアは、北海道の知床、小笠原、和歌山、沖縄になります。千葉の銚子や東北、九州でも可能です。
ツアーの予約をして現地集合し、船酔い対策の酔い止めを飲んだら準備万端。
必ずクジラに会えるというわけではありませんが、スポットによってはクジラとの遭遇率“99%”を誇るツアーもあり、またスポットにより会えるクジラの種類も異なりますので事前に下調べをしましょう。
詳しくは「 クジラが見たい!ホエールウォッチングができる日本の海まとめ・鯨の種類 」にわかりやすくまとめられています。

講座・教室・レッスン


EPARKスクール
スポンサードリンク

関連趣味

シュノーケリングとは、水中マスク・シュノーケル・フィンを装着して、海中の世界を楽しむマリン...
室内で石を鑑賞する趣味