葉巻

人気 始めやすさ
コスト 熟練性

葉巻の概要

近年ではシガーと呼ばれることもある葉巻は、非常に古くから存在するタバコの源流とも言える存在です。 もともとは貴族や商人といった、いわゆる富裕層だけが据える高級な嗜好品でした。
現在でもそうした扱いが無くなっているわけでは無く、安いものでも一本500円程度、高給葉巻になると一本で1万円以上することもあります。
紙巻きたばことは違う風味が楽しめるのが魅力です。

葉巻の詳細

非喫煙者の人からすると葉巻と紙巻きタバコには違いがないようにも見えますが、二つは全く違う存在です。 特に大きな違いとなるのが、煙を肺に入れないということです。
紙巻きタバコを吸う喫煙者の人の多くは煙を肺まで吸い込みますが、葉巻はあくまでも口の中で味を楽しむためのものです。 また一本を一時間以上かけて吸うものであるため、紙巻きタバコのように作業をしながら吸ったり、次々と火をつけるというようなことがありません。
途中で吸い終わる場合にも火を消し、その後再点火をして吸うなどの違いがありますから、注意しましょう。

葉巻のはじめ方

スタートするのに必要な物は、吸うための葉巻と、先端を斬り落とすためのカッターです。 カッターは親指と人差し指で両端を持って開き、中心部に葉巻の先端を入れて落とすように使って吸い口を作ります。
火はどのようなもので付けても良いのですが、紙巻きタバコで使用されるジッポライターのようなオイルライターは、オイルの臭いが煙草の香りを損なってしまうため、100円ライターなどのガスライターか、専用のマッチを使用すると良いでしょう。
これらがそろったのであれば、あとは火を付けて煙を口に含み、味を楽しむというようにすれば良いのです。

講座・教室・レッスン


スポンサードリンク

関連趣味