ドールハウス

人気 始めやすさ
コスト 熟練性

ドールハウスの概要

ドールハウスは、実物の十二分の一の大きさに作った家の模型のことです。16世紀にヨーロッパで子供の玩具として作られ、イギリスやドイツの上流階級の子供たちが、ドールハウスを使ってママゴトをし、家庭生活や生活習慣を学びました。
現在は、ヨーロッパの伝統クラフトとして世界中に愛好家がいます。日本でも1970年代後半に紹介されてから多くの人がドールハウスの魅力に魅了されています。

ドールハウスの詳細

ドールハウスは、本物の家と同じように細部にまでこだわることが重要です。あくまで家が主体なので、人形が居ても居なくてもかまいません。
日本では、人形を置かない方が好まれています。そのため、家へのこだわりは強く、部屋の間取りや家具、調度品、壁紙がまるで本物のような精巧な作りになっています。
ドールハウスの魅力は、本物をそっくりそのまま縮小することだけでなく、手作りであることや、作者の意趣が加えられていること、遊べることが挙げられます。家は洋風だけでなく和風のものもありますから、好みのものを作ることができます。

ドールハウスのはじめ方

ドールハウスを始めるには、まずは関連の本を読んで作りたいものを思い浮かべましょう。最初から大きなものは作れませんから、まずはミニチュア小物作りから始めるのがいいでしょう。
必要な道具は特別なものは必要ありません。家にあるようなカッターや木工ボンド、鉛筆や定規があれば作り始めることができます。
小物がある程度揃ったら、それに合う家の雰囲気が思い浮かんできますから、木材を切って家を組み立てます。最初から家を作るのが不安な場合は、気軽に始められるキットがおすすめです。

講座・教室・レッスン


EPARKスクール
スポンサードリンク

関連趣味

文字を書くというのはとても身近で、ゆったりとした時間の流れを感じながら楽しめます。
アイデアとひらめきで探す創作活動。特許をとれば億万長者に?
自らで紡ぎだす虚構の物語。あなただけの世界を文字に書き起こそう。
日本の伝統芸能には歌舞伎などがありますが、狂言も伝統芸能のひとつです。