不可能ボトル

人気 始めやすさ
コスト 熟練性

不可能ボトルの概要

不可能ボトルは、ボトルの口の部分よりも大きな物体がボトルの中に入っている工芸作品です。不可能ボトルは、基本的にボトルシップと同じしくみです。
ボトルシップは1800年前後に発明されましたが、不可能ボトルは由来ははっきりしませんが、1891年にはビンの口径に近い太さの木とそれに刺さった木ねじが、不可能物体として特許が取られています。

不可能ボトルの詳細

不可能ボトルは、ボトルのなかに入れるものは、一見してボトルの細い口からは入れられないと判断できる大きさのものであれば、何でもかまいません。
不可能ボトルは飾って楽しむことができるので、中にはトランプやルービックキューブ、人形など、見て楽しいものが入っていることが多いです。また、ボトルのなかに入れるだけでなく、木でできた矢の鏃と矢羽のどちらもが、穴の大きさより大きいという形式のものもあります。
手品やパズル的な要素もあるので、どうやって入れたのか考えて楽しむことができます。

不可能ボトルのはじめ方

不可能ボトルを作るには、まずは自分の頭でしくみを考えてみましょう。試行錯誤することで頭の運動になります。用意するものは、ボトルとボトルの中に入れるものだけで、接着剤やカッターなどの道具は必要ありません。ボトルを切ったり割ったりする方法で作りません。
作り方がわからないと、ここから先は進めませんが、手品と同じように誰かからねたばれを聞いたりするのはご法度ですから、本などの文献を読んで、自分の力で作り方を考え出しましょう。
時間をかけて悩んでいるうちにふとアイデアが浮かぶかもしれません。

講座・教室・レッスン


EPARKスクール
スポンサードリンク

関連趣味

好みのデザインの万年筆で文字を書くのを楽しみましょう。
日本の伝統芸能には歌舞伎などがありますが、狂言も伝統芸能のひとつです。
作る形によって、使用する棒の数も変わります。主に広く平たい面を作成するのに向いた編み方で、...
画材なども少なくて済み気軽に始められる絵画法の一種です。
ロボット工作は、工具を使用して電動で動くロボットを作成する行為
人体を直接型取りして、それらをオリジナルのアート作品として制作する方法です。
アンティークな品物を再生する事であり、壊れたものを修理して再生する。
かぎ針編みで使用される道具は、棒の先端がかぎ爪のようになっているのが特徴で、様々な太さのも...