パステル画

人気 始めやすさ
コスト 熟練性

パステル画の概要

パステル画は、比較的初心者にも始めやすく画材なども少なくて済み気軽に始められる絵画法の一種です。
チョークのようなクレヨンのような画材を直接描いたり削った粉を手でぼかしたりしながら紙に付着させていきます。
着色がすべて終わったら、最後にスプレー式の定着剤で紙に固定させる必要があります。 絵は、優しい感じに仕上がります。

パステル画の詳細

パステル画で有名な画家としてエドガー・ドガがいます。
ムンクの「叫び」もパステル画で描かれたものがあり、96億1000万円という高値で落札されました。
パステル画の魅力といえば、なんといっても和らかいトーンとグラデーションを描けることです。ティッシュや指先などを使い他の画材とは違う特殊な方法で描くことで、淡く深みのある色合いを表現できると言えます。
画力のある方は、水彩や油絵などでもぼかすことは可能ですが、絵画初心者や画力に自信のない方には、失敗してもごまかしがきいて修正しやすいパステル画がおすすめです。

パステル画のはじめ方

まず始めは、2定番の色が入ったパステルのセットを買い、あとで欲しい色を揃えていくほうがいいでしょう。
パステルにはハードパステルとソフトパステルがあり、好みによって選べますが、ソフトが折れやすいのに対しハードはカッターなどで削ってもなかなか折れず丈夫なので使いやすいです。
紙は、パステルに適した様々なものがありますが、中には高いものもあるので最初は普通の画用紙から始めて、慣れてきたら少し質の良いものを使用するのが良いでしょう。
その他、パステルをぼかす道具として、綿棒やティッシュ、筆や女性のファンデーション用のパフなどもあると便利です。

講座・教室・レッスン


EPARKスクール
スポンサードリンク

関連趣味

好みのデザインの万年筆で文字を書くのを楽しみましょう。
日本の伝統芸能には歌舞伎などがありますが、狂言も伝統芸能のひとつです。
作る形によって、使用する棒の数も変わります。主に広く平たい面を作成するのに向いた編み方で、...
基本的にボトルシップと同じしくみです。ボトルシップは1800年前後に発明されました
衣服の生地のデザインパターンや織り方だと言われると、何となく想像ができるかもしれません。
ロボット工作は、工具を使用して電動で動くロボットを作成する行為
人体を直接型取りして、それらをオリジナルのアート作品として制作する方法です。
アンティークな品物を再生する事であり、壊れたものを修理して再生する。