タロット占い

人気 始めやすさ
コスト 熟練性

タロット占いの概要

タロット占いとは、全部で78枚のタロット・カードを用いて行う占いのことです。さらに、この78枚のカードは、22枚の大アルカナ、56枚の小アルカナと称されるものに分けられます。

タロット占いの詳細

タロット・カードには言葉ではなく絵が描かれており、その絵の意味によって質問の答えを導きだします。絵柄(絵のタイトル)は愚者、魔術師、女司祭、女帝、皇帝……など。
カードには多くの種類があり、その国の特性や時代、地域性などによりカードの絵柄・タイトルや数字の順番も異なります。よって使用するカードは複数のうちから選ばなければなりません。
基本的には、以下の方法で占いを行います。
まずはシグニフィケイターと呼ばれる、質問者を象徴するカードを一枚選び、その他のカードをシャッフルします。シャッフルしたカードをまとめ、一番上から順に引いていき、決められた位置へとカードをテーブルに配置していきます。
カードのポジションにもそれぞれ意味があり、そのポジションとカードの意味とを考えながら、質問の答えを導きだします。

タロット占いのはじめ方

タロット・カードを使って自分で占いを始める場合、タロット・カードを手に入れるところから始まります。先にも言ったように、カードには種類がありますので自分の好みにあったものを選択してください。
カードの絵柄の意味と基本的な占い方法を覚えたら、絵柄・ポジションの解釈によって質問の答を導きだす思考能力を培っていきましょう。

講座・教室・レッスン


EPARKスクール
スポンサードリンク

関連趣味

脳の機能を高めるためのトレーニングをおこなう趣味です。