パラパラ漫画

人気 始めやすさ
コスト 熟練性

パラパラ漫画の概要

パラパラ漫画とは、少しずつ動く絵を重ねた紙に描き、紙をめくることで残像によってあたかも絵が動いているように見えるアニメーションのことです。
授業中にノートの端などに落書きした経験がある方も多いのではないでしょうか。私たちがテレビで見るアニメもこのパラパラ漫画の原理を使って制作されています。

パラパラ漫画のはじめ方

きちんと揃えて重ねられた大量の紙とペンが必要です。パラパラ漫画は手軽に制作できるという側面から簡素な絵で構成されることがほとんどですが、色を塗ったり書き込む情報量を増やしたりなど自分の好みに合わせて作ることも可能です。時間はかかりますが、その分愛着も湧くでしょう。
パラパラ漫画は揃えた紙の一番下から描き始めます。次のページでは、紙に透ける絵を土台にして、動く部分はずらして描き、動かない部分はそのまま下の絵をなぞって描きます。
なるべく動きがなめらかに見えるよう、動きをつける部分は可能な限り細かく、少しずつずらして描きましょう。完成後は紙を素早くめくることもコツのひとつです。
完成した作品はぜひ友達に見せたり、ネットで公開してください。あなたの作品を多くの人に知ってもらいましょう。

講座・教室・レッスン


スポンサードリンク

関連趣味

日本伝統の遊びで、芸術の一種でもある。使用するのは紙だけで、お金がかからないのも魅力の一つ...
デザインナイフと色紙さえあれば出来る芸術です。
印刷した平面の紙を立体化させて組み立てるペーパークラフト。インターネットで無料配布されてい...
五・七・五で奏でる無限の可能性。
針と糸で布に描く芸術の趣味
電子書籍なら誰でも本を出版できます
糸で編み込んで作る立体的な芸術品。女子力アップや老化防止にも最適な趣味です。
使用頻度の高いボールペンを使った、実用的な趣味です。