江戸切子

人気 始めやすさ
コスト 熟練性

江戸切子の概要

江戸切子とは、江戸時代末期に江戸にて始められた、ガラスの表面にカットを入れて(カットグラス)、模様を形成する技術のことをいいます。国・東京都の伝統工芸品として認識されています。

江戸切子の詳細

カットグラスの和名を「切子」といいますので、必ずしも国産品を指すわけではありません。江戸時代に始められた切子技術を指すときに、「江戸切子」といいます。
ロックグラスなど、飲み物を入れるコップの模様とされるのが一般的ですが、他にも置時計や花瓶の模様にも用いられます。

江戸切子のはじめ方

伝統工芸品であり、当然高度な技術が必要とされますので、趣味として江戸切子自体を始めることは少し難しいですが、江戸切子が用いられた工芸品を集めることを趣味にすることはできます。
江戸切子は大変美しい日本の技巧です。江戸切子の施されたグラスでお酒を飲むのはまた格別でしょう。飾って楽しむのもまた一興です。

講座・教室・レッスン


スポンサードリンク

関連趣味

文字を書くというのはとても身近で、ゆったりとした時間の流れを感じながら楽しめます。
日本伝統の遊びで、芸術の一種でもある。使用するのは紙だけで、お金がかからないのも魅力の一つ...
見たものを残すこともでき、カメラ自体をカスタマイズして楽しむことも出来ます。
日本語では素描と訳され、対象の形や陰影などを理想的に描写するものである。
実は初心者ほど楽しめる、意外な趣味です。何度でも上塗りできるので、間違えても納得いくまでや...
2008年から流行し、オシャレしながら創作する楽しみも感じられる、女性に大人気のネイルアートです。
デザインナイフと色紙さえあれば出来る芸術です。
100円均一でも売っており、自分の想像したものを実体化させることが出来ます。