弓道

人気 始めやすさ
コスト 熟練性

弓道の概要

弓道は、和弓で矢をうって的にあてるスポーツです。
的にあてるためには集中力と精神統一が必要で、運動能力よりも精神能力が試されるスポーツとなっています。
競技人口の男女比がほぼ1対1なので、性別問わず楽しむことができます。

弓道の詳細

弓道は日本の武道であり、流派や礼儀があります。
また、矢を射ってから、射終わるまでの動作にも型があり、武道におなじみの「残心」(技を出し終えた後の行為)もあります。
スポーツとして楽しむことができる上、礼儀作法も身につき一石二鳥です。

弓道の体験談

40歳を目前にして弓道を始めました。
きっかけは、広報誌に載っていた初心者教室の案内でした。
ちょうど仕事を辞めて、専業主婦になったので趣味のひとつでもと思い教室に参加しました。
持病があり入院していたこともあって、体力に自信がなかったのですが、80歳近くの方もなされていると言うことで、続けることに決めました。
教室に参加しているときに、いろいろな道具を使うのを見て、弓道をするのにはお金がたくさんかかるのではないか?と懸念していましたが、弓道場で道具は貸していただくことができ、しばらくの間は施設使用料だけで練習することができました。
最初のうちは、所作に関して覚えることが多く、的に矢があたるなど夢のまた夢で、もしかするとその段階で「面白くない」と思われて、続けることを辞める方もいらっしゃるかと思います。しかし、矢を放ったときの爽快感は、たとえ矢が的に当たらなかったとしてもすばらしいものです。
的に当てることも重要だとは思いますが、美しい所作とその所作から矢を放ったときの爽快感、そういう感覚を味わえるスポーツは少ないと思います。
もっと弓道が世に広まってほしいと思っています。

投稿者:Fさん

講座・教室・レッスン


スポンサードリンク

関連趣味

身近なスポーツではじめやすく、とても奥の深いスポーツです。
実はそんなに運動量が必要のない、チームワークが大事なスポーツです。
馬と触れ合い、場所によっては野外を騎乗して楽しむことができるスポーツです。
基本的に室内で行われるスポーツで、5人制のミニサッカーのようなスポーツです。
長距離を走り、順位やタイムを競うスポーツです。身近に参加できる大会が多く、一人でも参加でき...
ボールとコートさえあればどこでもでき、人数によって遊び方を変えることが出来るのもこのスポー...
癒やしと危険、ありのままの自然を体験できる趣味。登頂には体力も必要。
マリンスポーツの定番。乗るしか無いぜ、ビッグウェーブに。