プリザーブドフラワー

人気 始めやすさ
コスト 熟練性

プリザーブドフラワーの概要

プリザーブドフラワーは、花をグリセリンなどの特殊な液体に浸して水分を抜き、乾燥させて作るフラワーアレンジメントの一種です。
水を与えなくても劣化することがなく、長持ちします。また、本物の花をつかうので造花よりもキレイです。

プリザーブドフラワーの詳細

プリザーブドフラワーは1990年代にフランスで開発された、比較的新しい技術です。
プリザーブドフラワーは素材となる花と、その水分を抜くための液体(グリセリンなど)が必要です。
液体に浸していると脱色するので、鮮やかな色にするために着色料を使うこともあります。
特殊な製法なのでややこしいイメージがありますが、道具さえあれば比較的簡単に取り組むことのできる趣味です。

プリザーブドフラワーの体験談

子どもが幼稚園に入ったので、空いた時間を利用して、ブリザードフラワー教室に通うことにしました。

月一回、カルチャーセンターの中で行われる教室で、季節に合った器に飾り付けるアレンジや、リースなどの壁飾りを先生のお手本を見ながら、約2時間、教えてもらっています。

生花をいけるのとは違って、ポンドや針金を使い、まるで工作をしているような感覚で製作していきます。初めのうちは、「自分の感覚で花を配置してね」と言われても、何処にどう置いていいのか迷いながらで、ボンドで張り付けて仕上がってから「もっとこうすればよかった」と思うことも度々でした。

でも5作目ぐらいから、手馴れてきて、最近は先生の見本よりよりも更に自分らしさのあるアレンジが作れるようになり、実家の母にあげたりして喜ばれています。

投稿者:Hさん

講座・教室・レッスン


EPARKスクール
スポンサードリンク

関連趣味

古くから人間のペットとして親しまれてきた動物です。
人によくなつく、けれども自由気ままな愛玩ペット。
花や木々を育て、庭を彩る癒やしの趣味。 大きな庭がなくても、ベランダや窓際でも楽しめます。
カブトムシやクワガタなど、カッコイイフォルムの昆虫は男性の好奇心をくすぐります。
癒やし効果はピカイチ。 ずっと眺めていられる、インテリアにも良いペット。
自分で育って自分で食べる。 食の恵みに感謝できる趣味。
比較的簡単に育てられる品種も多く、毎日が楽しくなること間違い無しです。
ハムスターやうさぎなど、小さくて場所を取らないので飼いやすいペット。