キャッチボール

人気 始めやすさ
コスト 熟練性

キャッチボールの概要

ボール1つで始められます。ボールによってはグローブを着けてキャッチボールします。野球の練習でキャッチボールをすることもあります。

キャッチボールの詳細

キャッチボールは2人でする場合が多いです。相手の取りやすいところに投げるなど工夫しながら続けることを意識しましょう。 親子や友人同士でコミュニケーションをとりながらキャッチボールするのも楽しいです。
野球の経験がある人同士なら投げ方を意識したり試してみたいことを実際に試したりしながら投げ合うことができます。楽しみながら自分の更なる可能性を探っていけます。
キャッチボールは相手のことを考えたり、声をかけたりしてコミュニケーションをとりながらすることが大切です。安全な場所でキャッチボールしましょう。

キャッチボールのはじめ方

キャッチボールをする相手がいてボールがあれば始められます。グローブを着ける場合もあるので必要に応じて用意しておきましょう。

講座・教室・レッスン


スポンサードリンク

関連趣味

身近なスポーツではじめやすく、とても奥の深いスポーツです。
ものを投げてキャッチするトスジャグリング以外にも、様々な技がある曲芸の趣味。
リュックサック1つで世界を歩こう! 低予算で行く海外旅行です。
ボールを打つ快感を何度も楽しめるスポーツ施設
グライダーを操って空を飛び回る、そうかいなスカイスポーツ
狙いを定めて的を撃ち抜く、かっこいいスポーツ
カイト(凧)を使ったスポーツ競技などがあります。
ジェットスキーとは水上オートバイのことです。