Wikipedia

人気 始めやすさ
コスト 熟練性

Wikipediaの概要

Wikipediaが趣味、というと変わり者な印象を受けるかもしれませんが、意外にもはまってしまうものです。
具体的には気になった事柄や人物についてWikipediaを読みあさる、という感じなのですが、これが小説を読んでいるようでとても面白いのです。
知識も増えるし、人との話の話題にも困らなくなります。

Wikipediaの詳細

気が付けば何時間も経っていて休日をまるまるWikipediaに費やしてしまった、なんて事もあるので要注意です。
日々の暮らしの中で、「あれは何だろう?」「このお店の歴史、ちょっと気になる!」「あの人は何をしている人だろう?」という疑問が浮かぶことは多々あると思います。
不思議に感じる事柄や対象物ができたら、Wikipediaを見ればそれに関するたくさんの情報が短時間で得られます。
そこからリンクをたどって別の項目に行くことを繰り返していると、いつまでも楽しむことができます。

講座・教室・レッスン


EPARKスクール
スポンサードリンク

関連趣味

文字を書くというのはとても身近で、ゆったりとした時間の流れを感じながら楽しめます。
日本伝統の遊びで、芸術の一種でもある。使用するのは紙だけで、お金がかからないのも魅力の一つ...
長距離を走り、順位やタイムを競うスポーツです。身近に参加できる大会が多く、一人でも参加でき...
日本語では素描と訳され、対象の形や陰影などを理想的に描写するものである。
実は初心者ほど楽しめる、意外な趣味です。何度でも上塗りできるので、間違えても納得いくまでや...
2008年から流行し、オシャレしながら創作する楽しみも感じられる、女性に大人気のネイルアートです。
デザインナイフと色紙さえあれば出来る芸術です。
100円均一でも売っており、自分の想像したものを実体化させることが出来ます。