シャドウボックス

人気 始めやすさ
コスト 熟練性

シャドウボックスの概要

絵の描かれた紙を切り貼りして何枚も重ねることで、立体的な絵を作る趣味です。
額縁をつけて部屋に飾れば、奥行きのある不思議な絵画として一風変わったインテリアになります。

シャドウボックスの詳細

題材にする絵と、それを切るカッター、そして切った絵を立体的に接着するシリコンボンドがあれば誰でも作ることができます。題材にする絵は、同じものを5枚ほど利用します。
シャドウボックス用の絵は、専用に用意されたものをつかうこともできますし、ポストカードやトレーディングカードなど、ある程度厚みのある紙に書かれた絵を使うこともできます。
どこをどのように立体的に見せるか、どの程度細かい部分まで立体的に作るかによって、シャドウボックスの仕上がりに違いが出てきます。

シャドウボックスのはじめ方

初めて取り組む場合は、シャドウボックスを作るための専用のキットが販売されているので、そちらを使ってシャドウボックスの感覚をつかんでみてください。
シャドーボックスの専門店「シンセリティー」では、シャドーボックスを作るための道具やシャドーボックス用の絵が販売されています。

講座・教室・レッスン


EPARKスクール
スポンサードリンク

関連趣味

自らで紡ぎだす虚構の物語。あなただけの世界を文字に書き起こそう。
使用頻度の高いボールペンを使った、実用的な趣味です。
革の財布やバッグ、ワンポイントを自作できる趣味です。
日本語では素描と訳され、対象の形や陰影などを理想的に描写するものである。
文字を書くというのはとても身近で、ゆったりとした時間の流れを感じながら楽しめます。
水彩絵具で描く、誰でも気軽に始められる絵画の趣味です。
自分で漫画を作って楽しもう。 作った漫画はネットで公開することもできます。
アイデアとひらめきで探す創作活動。特許をとれば億万長者に?