バルーンアート

人気 始めやすさ
コスト 熟練性

バルーンアートの概要

バルーンアートといえば、長細い風船をつかってカタチをつくるものを想像する方もいると思いますが、風船を使ったバルーンデコレーションもバルーンアートの1つです。
バルーンデコレーションでは、単純に風船を重ねてブーケのようにするバルーンブーケや、アーチ状にするバルーンアーチなどがあります。
ここでは特に、長い風船を使ってカタチをつくるバルーンモデリングについて説明します。

バルーンアートの詳細

バルーンアートといえば、プードルが有名ですね。
プードルは1本の風船でできますが、凝ったものになると複数の色の風船を使って複雑なカタチをつくることが出来ます。
一度作ったバルーンアートは時間が経てばしぼんでしまいますので、いつまでも観賞用として飾ることができません。(※対応によっては、かなり長持ちさせることもできるそうです:ハイフロートで超長持ち!? バルーンアートのやさしい作り方サイト!キュッとバルーン

ピエロやジャグラーなどがその場で素早くバルーンアートを完成させるものは、バルーンパフォーマンスと呼ばれています。
また、バルーンを使ったマジックもバルーンパフォーマンスの1つとして存在します。

バルーンアートのはじめ方

バルーンアート用の細長い風船(ペンシルバルーン)と、空気入れを買う必要があります。
口で空気を入れることもできますが、普通の風船よりも肺活量が必要な上に、何度も空気を入れると疲れてしまうので空気入れは重要です。
風船は1つあたり3円ほどの安いものもあれば、割れにくくてしっかりした高価なものもあります。

講座・教室・レッスン


EPARKスクール
スポンサードリンク

関連趣味

自らで紡ぎだす虚構の物語。あなただけの世界を文字に書き起こそう。
日本語では素描と訳され、対象の形や陰影などを理想的に描写するものである。
文字を書くというのはとても身近で、ゆったりとした時間の流れを感じながら楽しめます。
水彩絵具で描く、誰でも気軽に始められる絵画の趣味です。
アイデアとひらめきで探す創作活動。特許をとれば億万長者に?
実は初心者ほど楽しめる、意外な趣味です。何度でも上塗りできるので、間違えても納得いくまでや...
流行を取り入れて自分を着飾る趣味
自分で陶磁器を作る趣味です。