テーブルトークRPG(TRPG)

人気 始めやすさ
コスト 熟練性

テーブルトークRPG(TRPG)の概要

RPGといえば、ゲーム機でプレイするドラクエやFFなどが有名ですが、テーブルトークRPGではそういったゲーム機を使わずに、紙とペン、そしてサイコロを使って遊ぶ人間同士の会話によってストーリーを進めていくRPGです。
そもそも、RPGの元祖はテーブルロークRPGです。テーブルトークRPGという名称は日本での造語であり、英語でRPGという場合はこのテーブルトークRPGを差します。

テーブルトークRPG(TRPG)の詳細

ルールブックに書かれたルールを参考にし、自分の操るキャラクターや能力値を割り振り、イベントを進めていきます。
ゲームの進行役のゲームマスターとプレイヤーに分かれ、プレイヤーはゲームマスターの説明通りに動き、時には自分の判断でストーリーを進めます。
自由度の高さから、コンピュータゲームとは違い様々なストーリーの変貌をたどり、プレイする度に違った楽しみがありますが、逆にごっちゃごちゃになってしまう可能性もあります。
紙とペンとサイコロ、そしてルールブックさえあればプレイできるので、Skypeなどのインターネット電話サービスを利用して、離れた場所で遊ぶこともできます。

テーブルトークRPG(TRPG)のはじめ方

テーブルトークRPGをプレイするには、まずルールブックが必要です。
ルールブックは、海外のものや国内のものがありますが、国内のものであれば入手のしやすさや価格面からも「ソードワールド2.0」がメジャーでオススメです。
ルールブックには旧版と新版がありますが、できれば新版の方がシステム面の改善がされているのでオススメです。
また、実際にプレイしている様子をYoutubeなどの動画サイトで閲覧してみると、雰囲気も掴めて良いと思います。
また、「TRPGの絶版ルールブック、『ベルファール魔法学園』を公開しました (※無料PDF版あり)」このサイトでは、ベルファール魔法学園というルールブックが無料で公開されています。

講座・教室・レッスン


EPARKスクール
スポンサードリンク

関連趣味

タップシューズでリズムを刻もう。たくさんのステップで様々なリズムを奏でられます。
スリルやスピード感を楽しむ他に、アクロバット降下などを置こうなうスポーツとしての一面もある。
単純だけど奥が深いゲーム。 競技で勝つためには戦略性と知性、そして耳の良さが必要です。
生活において切って離せない、色のことを学ぶ趣味。
狙いを定めて的を撃ち抜く、かっこいいスポーツ
家の中のあらゆるものを自動化して便利にしてしまうことを目指した趣味です。
好みのデザインの万年筆で文字を書くのを楽しみましょう。
日本の伝統芸能には歌舞伎などがありますが、狂言も伝統芸能のひとつです。