コーヒー

人気 始めやすさ
コスト 熟練性

コーヒーの概要

世界でもっとも飲用されている嗜好飲料です。
コーヒー専門店で飲んだり、自宅で手軽なインスタントを楽しんだり、自宅で挽いたものを飲むこともできます。
コーヒーにはカフェインが含まれているので、仕事のお供にされる方もおおいのでは?

コーヒーの詳細

コーヒーには酸味を感じるものと苦味を感じるものがあります。
コーヒー豆の焙煎具合によっても、同じ豆で異なった味が楽しめます。
また、1種類の豆で出来たコーヒーをストレートコーヒーというが、数種類のコーヒーを混合させたものをブレンドコーヒーといいます。
自分の気に入った種類の豆を、自分の好きな程度に焙煎し、さらにはソレをブレンドすることで、自分だけのコーヒーを楽しむことが出来ます。

コーヒーのはじめ方

まずは簡単なドリップセットからはじめると良いでしょう。
価格もリーズナブルで手軽に作れるので、自宅で楽しむには最適です。
豆の選び方は専門店でアドバイスを受けながら実際に香り、味を確かめて、自分に合った豆を選ぶのが一番手っ取り早いです。
気に入った豆があれば、その品種の豆を選び、自宅でドリップすれば手軽に楽しめます。

コーヒーに必要なもの

下記のようなセットものを買うのが手っ取り早いです。
金額は品質にもよりますが、安いものであれば2000円程度で準備できます。

以下2000円のセット内容

AS樹脂製ドリッパー(2~4人用)
コーヒーフィルター
コーヒーサーバー
メジャーカップ
ロト受け

これにお好きなドリップパック100個入りで3000円くらいです。

コーヒーの体験談

私は3年間、コーヒー豆専門店で働いていました。
接客する上でコーヒー豆の知識が必要でした。しかし、いつの間にかもっともっとコーヒーの事を知りたいと思うようになり、プライベートでもコーヒーの世界にのめり込むようになりした。
私の働いていたお店では、50種類近くのコーヒー豆を扱っていたのですが、今日はこの豆とこの豆をブレンドしてみようという具合に色々と実験して、試飲を楽しんでいました。
どのコーヒーの本にも載っていないようなブレンドが、驚くほど美味しかった時の喜びはひとしおでした。ブレンド比も必ずメモしていました。
逆に同じコーヒー豆を使っていても、比率が違うだけで途端に不味くなってしまうこともあります。もちろん、そのブレンド比も禁断のブレンドとしてメモして残してあります。たくさん溜まったメモは私の宝物です。

投稿者:Sさん

講座・教室・レッスン


EPARKスクール
スポンサードリンク

関連趣味

果実のうまみをアルコールで楽しめる嗜好品。 自分の好みに合った最高のワインを探そう。
風土や伝統からの製法によって様々な品種が味わえる、奥の深い嗜好品。
胃袋の欲求はいつ満たされるのか。 美味しいものを求めてさまよい続ける定番趣味。
孤高のB級グルメを味わい尽くす、男性に人気の趣味です。
1000種類以上もあるといわれるチーズを探して、食べまくる趣味です。