長く続けられる趣味

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いろんな趣味をはじめてみても、長続きしない!という方、意外と多いのではないでしょうか。
そんな方のために、長く続けられる趣味を見つけるためのヒントを紹介します。

達成感のある趣味を選ぶ

達成するのに時間や努力が必要なものごとは、長く続けられる傾向にあります。
マラソンは多くの人が取り組んでいる趣味の1つです。
42.195kmもの距離を走りきるには一筋縄ではいきません。
また、走り切れたとしても、一緒に走った大勢の人たちがさらに速く走っているのを見ると、もっと上を目指したいと思えます。
そういう意味で、マラソンは達成感のある趣味といえます。

ほかには、登山資格取得筋力トレーニング・ボディビルディングなど、達成感のある趣味は長く続けられます。

目標を持とう

達成感のある趣味をはじめたのはいいけど、途中で投げ出してしまいそう!
という人は、目標を定めてみて、その目標を達成したときの自分を想像してみましょう。

ピアノやギターといった趣味は上手く弾けるようになるまでかなりの時間がかかります。
長く続ける趣味としてはうってつけですが、達成までに時間がかかるので途中で投げ出してしまう人も多い趣味です。

ピアノやギターを長く続けるには、弾きたい曲を弾けるようになる、という目標を定めることが大事です。
そして、その曲をうまーく弾けている自分を想像します。
イメージしにくい場合は、Youtubeなどの動画サイトで「ピアノ 曲名」と検索すれば上手な人の動画がだいたい見られます。
その人を見て、「自分もこうなりたいな」と感じることでやる気が出てきます。

小さな成功を重ねよう

小さな成功を重ねていくことが、趣味を継続するための大事な条件です。
よく、「失敗から学ぶ」といわれますが、仕事とは違って諦めることも簡単な趣味の世界では、失敗続きが趣味をやめる原因になることもしばしばです。
とくに、初めの段階は無理をせずに出来る範囲で取り組むことをオススメします。

たとえば、マラソンの場合は、普段運動をしていない人はウォーキングから始めるようにします。
普段運動をしていないにも関わらず、やる気だけで走ってしまって、数分も経たないうちに息切れをしてしまったら、とてもマラソンを続けようという気持ちにはなりにくいと思います。
運動をしない人の場合は、ウォーキングを数分行うだけでも翌日は筋肉痛になります。
筋肉痛になることで筋肉の成長を実感し、さらに続けることで筋肉痛にもならなくなれば、自分の細かな成長を実感でき、趣味の継続につながります。

失敗覚悟の大きな挑戦よりも、リスクの少ない小さな成功が得られる手段を選びましょう。
それが趣味継続と、趣味上達への近道です。

まとめ

目標を持って、達成感のある趣味を選び、小さな成功を積み重ねていくことが、長く続けるコツです。
長く続けることで、知らず知らずのうちに実力がアップし、趣味の範囲を超えた特技が身につけられるかもしれませんね。

スポンサードリンク

長く続けられる趣味の例

コンピュータを自在に操って好きなことができる魔法の技術
AndroidやiPhoneアプリを自作する趣味です。
民間資格や国家資格、「これ、何の役に立つの?」という資格まで、幅広い分野をカバーした資格で...